喫茶と珈琲と。

喫茶店めぐり、ふらり

珈琲の店 Paris COFFEE

f:id:yu_gata_girl:20150131015907j:plain

渋谷『珈琲の店 Paris COFFEE』

珈琲の上に薔薇を咲かせようなんて誰が考えたのだろう。しかもクリームで作られたその花は、珈琲の熱でゆっくりとたしかに沈んで 消えていってしまう。溶けていった薔薇の珈琲は、甘すぎるくらいだ。

f:id:yu_gata_girl:20150131015930j:plain

JR山手線 渋谷駅ハチ公口 徒歩3分

東京都渋谷区道玄坂2-5-6

 

十一房珈琲店

f:id:yu_gata_girl:20150131001509j:plain

銀座一丁目『十一房珈琲店』

ブレンド珈琲の種類もたくさんあって名前だけ見ても分からないし値段もお高いし雰囲気もプロっぽくてかなり萎縮してしまった。そしてその雰囲気に流れてなのかもしれないけど珈琲がウマく感じた。銀座ってかんじだ。

f:id:yu_gata_girl:20150131001445j:plain

有楽町線 有楽町駅4番出口すぐ

東京都中央区銀座2-2-19

 

YOU

f:id:yu_gata_girl:20150131015631j:plain

東銀座『YOU』

皆さんご存じお皿を揺らして卵をぷるぷるさせる動画をSNSにアップするYOUのオムライスです。店内は思ったより純喫茶っぽくなく、街の定食屋さんみたいでした。

f:id:yu_gata_girl:20150131015709j:plain

東京メトロ日比谷線 東銀座駅5番出口 徒歩1分

東京都中央区銀座4-13-17 高野ビル 1F

 

アメリカン

f:id:yu_gata_girl:20150131015555j:plain

東銀座『アメリカン』

一緒に行った友達と違う種類を頼んで半分こ。人と行くとこういうことができる(こういうこと許してくれる人と行ける)のが最高に嬉しい。たまごサンドとチキンサンド(りんご入り)。写真の左手前のパンの窪みは交換こした時にできたもので、そのときのパンの厚み重みと信じられないくらいの柔らかさが、今でも指先に蘇ってきそうだ。あまりのボリュームに食べきれずにいると当たり前のように空パックをくれて、しっかりお持ち帰りしたのであった。

東京メトロ日比谷線 東銀座駅3番出口 徒歩2〜3分

東京都中央区銀座4丁目11-7

 

夏への扉

f:id:yu_gata_girl:20150131000651j:plain

青梅『夏への扉

線路の真横にたたずむその小屋は、本当に物語のなかに存在しているようなお店で。窓から入る強烈な陽射しも、数分おきに通り過ぎる電車の軋んだ音も、味気ない空き瓶にかざられた何でもない白い花も、 深みのある木目のテーブルにおちた影も、全てが絵に描いたようだった。 

JR青梅駅 徒歩7分

青梅駅から224m

東京都青梅市住江町16

 

トミィ

f:id:yu_gata_girl:20150131000551j:plain

f:id:yu_gata_girl:20150131000604j:plain

錦糸町『トミィ』

再訪。やはりここのホットケーキは唯一無二である。窓からの明るさで珈琲の白い湯気が光っている。猫背ぎみなおじいちゃんの表情はよく見えないけれど、たぶん笑っていた気がする。

錦糸町駅から徒歩5分

東京都墨田区錦糸2-10-7

 

カリーナ

f:id:yu_gata_girl:20150131015333j:plain

上井草『カリーナ』

あぁ、これはいつかの冬の日。わたしは待ち合わせで上井草駅にバスで向かっていた。乗り慣れないバスに気持ちが落ち着かず、窓の外をきょろきょろと見回していた。そして本当にほんの一瞬、目に入ってきたのがこの看板…「サンドイッチとコーヒーの店 カリーナ」

f:id:yu_gata_girl:20150131015343j:plain

わたしはすかさず友人たちに会うや否や「あとで行きたい店があるんだ」と。店の外から買えるテイクアウトももちろんあるのだが、店内カウンター席でサンドイッチと共にコーヒーもいただける。目の前でつくられるサンドイッチは目にもとまらぬ早さにも関わらずパンの柔らかさが手にとるように分かり、大きいボウルで味付けされた野菜や玉子が空気と共に踊る。写真はフルーツ、野菜を注文したが優しい友人がひとつタマゴと交換してくれた。涙がでる。とにかく美味しい、美味しすぎる…!!

西武新宿線 上井草駅北口30秒

東京都杉並区井草5丁目19-6